« ベトナムの農業留学生 | トップページ | ベトナムの農業 »

2006年10月 3日 (火)

Nickel and Dimed 2

英文だとなかなか読み進まず、ようやくミネソタのウォルマートで働いた経験の最後のところまで来ました。
ウォルマートは全米で最も多くの人間を雇用している企業ですが、またその低賃金や健康保険制度の不備というか、公的保険に頼るよう推奨していることで非難されている企業でもあります。それを非難した映画ハイコストオブロープライスが評判をとっていました。

http://www.ssss.ne.jp/sr/archives/002170.html

アメリカの社会は貧困層を低賃金で使って利益を上げているだけでなく、貧困層も含んだ低所得者層から金を巻き上げ利益を上げている社会でもあります。ウォルマートの顧客層もまた経済事情の苦しいこれら低所得層だったり。
ワーキングプアが昨今日本でも話題となっているようで、先日タイトルにワーキングプアと付けたら、いきなりアクセスが増えたのにはびっくりしました。でも、同じようなタイトルで呼ばれていても日本のワーキングプアとアメリカのワーキングプアはどこか違うような気がします。アメリカはやはりむき出しの資本主義。ワーキングプアと呼ばれる人の生活はもっと厳しそうに見えます。

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20060801/1154425850

この前もトラックバックを付けたここの意見はある程度的を得ているのでは?

|

« ベトナムの農業留学生 | トップページ | ベトナムの農業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nickel and Dimed 2:

« ベトナムの農業留学生 | トップページ | ベトナムの農業 »