« 暦の決め方 | トップページ | テト滞在記3 ービデオカメラを盗まれたー »

2007年2月27日 (火)

テト滞在記2 -初詣-

連れ合いの兄弟姉妹の家族たちと食事をして、したたかに酔い、わけの分からないまま過ぎた元旦があけ、翌日は朝のんびりすごした後、友人の在日ベトナム人が遊びに来るので、空港に迎えに行く。のんびり過ごすといえば聞こえはいいが、足がなく、実質上自宅軟禁状態。都会ならば、歩いて回っても楽しみがあるが、田舎では行くところもなく見世物状態なので仕方ない。
空港に向かう車の中で連れ合いが電話を受ける。すでに空港に着いて、ロビーで待っているとのこと。あれだけ、のんびりしていればねえ。
友人は75年以前に日本に留学し南ベトナム政府崩壊とともに国籍を失って、そのまま無国籍で通している。でも、特に今は帰省にも何の障害もないそう。

Img_1616正月のお食事


家に戻り、荷物を置いて食事をした後、近くの廟に初詣に向かう。お寺ではなく、歴史上の人物を祭ったDenのよう。このあたり、説明を期待できない。田舎道を車を飛ばすが、たくさんのバイクが行き交いスピードは出せない。そのうち、どんどん人が増えてきて、目的のお廟が見えてきた。車は手前でとめて、あとは歩かなければならない。

Img_1630


お廟に着くと、義姉が、お供え物の用意をし、線香に火をつけて、お供えする。このお供えには現金を添え、お祈りが終わると親類縁者に配る。ラッキーマネーといって、財布に入れておくとお金が増えるらしい。
周りを見回すと、皆一生懸命にお祈りしている。これも信心深いというのか、ひたすら自分のことと家族の幸福を祈っているだけなのだが。

Img_1624


廟は二つに分かれていて、本山のような大きな方はもっと混んでいて、義姉にすべてを任せて、他の者は外で待つ。何やかやで、二つのお廟に参るだけで結構な時間を費やし、今日はほとんどこれで終わり。

|

« 暦の決め方 | トップページ | テト滞在記3 ービデオカメラを盗まれたー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101914/5501642

この記事へのトラックバック一覧です: テト滞在記2 -初詣-:

« 暦の決め方 | トップページ | テト滞在記3 ービデオカメラを盗まれたー »