« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

テト滞在記2 -初詣-

連れ合いの兄弟姉妹の家族たちと食事をして、したたかに酔い、わけの分からないまま過ぎた元旦があけ、翌日は朝のんびりすごした後、友人の在日ベトナム人が遊びに来るので、空港に迎えに行く。のんびり過ごすといえば聞こえはいいが、足がなく、実質上自宅軟禁状態。都会ならば、歩いて回っても楽しみがあるが、田舎では行くところもなく見世物状態なので仕方ない。
空港に向かう車の中で連れ合いが電話を受ける。すでに空港に着いて、ロビーで待っているとのこと。あれだけ、のんびりしていればねえ。
友人は75年以前に日本に留学し南ベトナム政府崩壊とともに国籍を失って、そのまま無国籍で通している。でも、特に今は帰省にも何の障害もないそう。

Img_1616正月のお食事


家に戻り、荷物を置いて食事をした後、近くの廟に初詣に向かう。お寺ではなく、歴史上の人物を祭ったDenのよう。このあたり、説明を期待できない。田舎道を車を飛ばすが、たくさんのバイクが行き交いスピードは出せない。そのうち、どんどん人が増えてきて、目的のお廟が見えてきた。車は手前でとめて、あとは歩かなければならない。

Img_1630


お廟に着くと、義姉が、お供え物の用意をし、線香に火をつけて、お供えする。このお供えには現金を添え、お祈りが終わると親類縁者に配る。ラッキーマネーといって、財布に入れておくとお金が増えるらしい。
周りを見回すと、皆一生懸命にお祈りしている。これも信心深いというのか、ひたすら自分のことと家族の幸福を祈っているだけなのだが。

Img_1624


廟は二つに分かれていて、本山のような大きな方はもっと混んでいて、義姉にすべてを任せて、他の者は外で待つ。何やかやで、二つのお廟に参るだけで結構な時間を費やし、今日はほとんどこれで終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

暦の決め方

ベトナムの旧暦の元旦を間違えた件ですが、正確には閏月の処理ではないようです。旧暦は、新月と中気を決めることによって決まるのですが、

『各々の国の標準時に基づいて「朔・中気」を決めているために、 時差の影響で元旦が異なることが起る』

なのだそうです。
中気とは季節を決める事象で、それぞれが各月に対応するのだそう。
雨水、春分、穀雨、小満、夏至、大暑、処暑、秋分、霜降、小雪、冬至、大寒

http://www.biwa.ne.jp/~toda-m/calendar/kyureki.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

テト滞在記1 ー元旦を間違えたー

2/17から2/22まで、テトのためベトナムに滞在しておりました。今回はちょっとそのお話を。

2/17の朝から飛行機を乗り継いで、一路ベトナムを目指す。成田ーハノイ便は思ったよりもお客さんが少なくて、テトの時期なのに、日本は休みを取りにくいからこんなものかなと暢気に考えていました。最後のアナウンスでChuc Mung Nam Moiと言っていて、明日なのに気が早いなと後から考えるとぼけまくっていました。
ハノイに着くと手荷物を受け取り、さあ外に出ようと思って手荷物を見直すとネームタグがなくなっている。まさか名前の入ったネームタグなんて盗られると思っていなかったから、ちょっと愕然。航空会社からもらった革製の割合上質なものだけど、皮に直接名前を彫り込んでいて、再利用もできそうにないものなのに。
待合室に出ると家族が待っていて、うれしい再会。早速車に乗って、家へ向かう。車中で義母に、大晦日なのに道路に車がえらく少ないねえと話していたら、妙な顔をするので、『私の言っていること分かる?』と聞くと『分からん』と一言。なんか妙だなあとそれでも暢気な私でした。
家について一通り挨拶をして、くつろいでいると義兄や義姉がやってくる。連れ合いが『新年おめでとうと言って』と言われて訳が分からなくなる。『元旦は明日でしょ?』、『今日だよ』、『今日???』。全く、訳が分からない会話になっていたと思います。
理由が分かったのは数日後、友人の在日ベトナム人から説明を聞いてからでした。
私は旧暦の元旦を日本の旧暦の暦で探し、2/18だと思っていたのですが、ベトナムでは今回閏月の処理の仕方で一日早かったのだそう。そんな!中国でも台湾でも韓国でも春節は2/18だというのにベトナムだけ違うなんて・・・。
思いっきりぼけをかましたテト訪問でした。本当は大晦日に着いて、深夜からテト気分を満喫するつもりだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月11日 (日)

テトの帰省

今日、連れ合いが先行してベトナムへ帰省しました。お母さんへのプレゼントにすると言って、使い古しの電気製品を山のように持って帰ろうとして喧嘩になりました。重量制限越えるから、ベトナムでお金出して買った方がいいよと言ったのですが、どうしても持って帰ると言い張って・・・。どうも、このあたりの感覚も良く分かりません。倹約と浪費が入り混じっていて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

もうすぐテト

もうすぐテト。今シーズンは2/18。中国や韓国も含め、中国文化の世界では旧正月は大イベントなので、民族移動のようになって、東アジアは大混雑・・・のはず。
私は、まだテトシーズンに帰ったことがないので、実際のところを知らないのです。が、今度のテトは短いながらも帰ることになったので、これまで話でしか聞かなかったテトを味わってきます。経済成長のおかげで、三が日が過ぎたらすぐに店が開くようになったとか、元旦以外は店を開けるところも出てきたなど、世知辛くなって入るようですが、テトはテト。
連れ合いの実家に軟禁状態になってしまうので、ちょっとつらくはありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

喧嘩口調

時々連れ合いが激しい口調で電話することがあって、またお友達とけんかでもしているのかと思って聞くと、相手はお母さんだったりする。ベトナムでも目上の人間には逆らわないというイメージがあったので、最初ギャップがあって、意外でした。でも、日常的に様子を見ていると結構頻度が高いのです。
よそのベトナム人国際結婚カップルの話しを聞いても、ベトナム人のお嫁さんが口喧嘩で逆上してお姑さんを殴ったり、興奮すると礼節が失われるのはどこでも同じにしろ、その程度はちょっと激しいのかなと思わざるを得なかったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »