« 買い物が地球を半周 | トップページ | 橋の崩落と台風 »

2007年9月29日 (土)

日本製?中国製?

ハノイ経由でドイツに送ったビデオについて、連れ合いがいとこに電話したところ、最初は機能やら値段やらでいい買い物をしたねと喜んでいたようです。それが、そういえばそれって日本製?中国製?という質問に、連れ合いが多分中国製じゃないかなと答えたところ、そんなん意味ないじゃない、日本製だと思ったから買ってって言われたのが、大げんかの始まり。連れ合いは、いろいろ苦労して手に入れたのに、そんなの無視するような一言にぷっつん切れて大逆上、電話口で一時間近く言い合いをしていたようです。
このあたりは、日本製にこだわる人もいるようですが、日本で買うなら中国製でも大丈夫と割り切る人もいて、人によるようです。日本製はもちろんいいのだけれど、日本に輸出する製品は日本の基準で品質管理されているので、ベトナムで買う中国製とは全く違うと言い切る人も多いのです。実際、例えば、韓国の現代自動車は、アメリカに輸出する車と韓国国内で売る車の品質が全然違うというのは有名で、その国々で異なる品質基準で売っている可能性は否めません。多分、東南アジア向けはちょっと基準が低いのでしょう。
連れ合いは、いとことの喧嘩事情を私相手にまくしたて、ようやく少しは気持ちが落ち着いたようでした。でも、本当のところ、送ったビデオカメラは日本製だと私は思っています。キャノンは、生産の日本回帰を早いうちから始めたので有名ですし、ビデオカメラはデジカメと比べて単価が高い高付加価値製品なので、私の持っているソニー製もそうなのですが、最初から日本で作っている可能性が高いのです。ページを検索してみても、ビデオを作っているのは、宇都宮か大分だけのようで、海外の子会社の製品群には入っていませんでした。

|

« 買い物が地球を半周 | トップページ | 橋の崩落と台風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101914/8154908

この記事へのトラックバック一覧です: 日本製?中国製?:

« 買い物が地球を半周 | トップページ | 橋の崩落と台風 »