« 都会の散歩道 | トップページ | 教育方針 »

2007年11月21日 (水)

先生の日

11月20日はベトナムでは先生の日。いつもお世話になっている先生に花束やプレゼントを渡して感謝の意を示す日なのだそうです。
先週末、留学生の集まりがあり、その名目として、新しく来た留学生の歓迎会やスポーツ大会の反省会とともにこの先生の日というのが入っていました。留学生の中には、ベトナムでは大学の講師などをしている人が結構いて、みんなから花をもらって嬉しそうにしていました。

|

« 都会の散歩道 | トップページ | 教育方針 »

コメント

 こんにちは。こちらのブログを見ているといろいろ思うことがあります。

 中国では9月15日、日本の敬老の日が先生の日です。私は一時期中国のウイグル民族の小学校にウイグル語の勉強のために通っていたのですが、正直中国の学校には自分の子供をやりたくないなと思いました。だって先生の生徒への暴言がひどくて(涙)。日本は日本でおかしなこともありますけどね。

投稿: あるふぁ子 | 2007年12月 3日 (月) 17時48分

あるふぁ子さん、こんにちは。お久しぶりです。
出かけていたりして、コメントに気づくのが遅れてしまいました。
中国人との付き合いはあまりないので分かりませんが、喧嘩の仕方や指桑罵槐と言うことばが示すように、激しく罵るのは中国の文化なのかなと思っています。
連れ合いは多くのベトナム人と同様、中国人が嫌いなのですが、身近にいてそうなったという訳ではなく、侵略支配された歴史から、なんとなくなっているようでした。実際につきあうといい人もいるよねとなってたり。
あと知り合いの朝鮮系中国人は、中国人はつきあう層によって全然違う。お金持ちにはいい人が多いけど、貧乏な人はひどいよと言っていました。

投稿: はっぱ | 2007年12月 4日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101914/9035105

この記事へのトラックバック一覧です: 先生の日:

« 都会の散歩道 | トップページ | 教育方針 »