« ベトナム人は勉強好き? | トップページ | ベトナム株へ? »

2008年1月 3日 (木)

嘔吐下痢症

上の子が嘔吐下痢症になったようです。元旦の昼くらいから若干調子が悪そうだったのですが、年越しパーティで遅くまで起きていたので疲れたのかなと、最初はそれほど気にしていませんでした。私の実家に年賀に行って、夕方頃に一回吐いたのですが、夜に自宅に戻ったあと元気になっていたので、そのまま放っていると、翌朝から食べ物を食べて2時間経ってくらいとか、そのうち食べた後すぐに戻してとなり、慌てて、夜間救急の診療所に連れて行くはめになりました。正月二日の診療所は、小さな子を連れたお母さんたちでいっぱい。今、住んでいるところは、小児科が開いていない、午後7時以降朝までと休日、市の救急医療センターで見てもらえるので安心です。
診断は、急性胃腸炎(嘔吐下痢症)。冬の時期は、ノロウィルスとかロタウィルス起因で起こる事が多いようです。吐き気を抑える薬と熱が出ていたので、熱冷ましをもらって帰ってきました。吐瀉物や便にウィルスが含まれるようなので、下の子にうつらないよう注意しなければなりません。
一応、ネットで調べてみると、とにかく最初は嘔吐が止まらないようで、それが収まってくると下痢が続く事が多いようです。まずは、吐かせないように水も含めて何も与えないようにというページもありましたが、見ていただいたお医者さんからは、薬をいただいたせいか、最初はリンゴのすりおろしを、それから様子を見ておかゆを与えるようにとの事でした。ただ、皮は消化に良くないので、リンゴにしろ、おかゆに付ける梅干しにしろ、皮を取って与えるようにとの注意を受けました。
一晩明けて、薬のおかげか気分も収まり、熱もだいぶ引いています。でも、きょう1日はお家で安静ですね。

|

« ベトナム人は勉強好き? | トップページ | ベトナム株へ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101914/9695160

この記事へのトラックバック一覧です: 嘔吐下痢症:

« ベトナム人は勉強好き? | トップページ | ベトナム株へ? »