« 2008年2月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月26日 (木)

やっぱり土地を買おう

素人が大量にある市場に向かったら、それは市場の崩壊を示すしるしだというロバート・キヨサキのコラムを連れ合いに読まして、教訓とさせてから数日のこと。
『今、不動産の価格ってすごく下がっているから、買い時だよね』と連れ合いが言い出した。
『まあ、今が底かどうかは分からないけど、下がってはいるね』とわたし。
『うん、買い時だよ。やっぱり土地を買おうよ』
・・・

せっかくおとなしくしていた連れ合いを理論武装させ、元気づけるような情報を渡してしまった自分の愚かさを呪ってしまいます。また、これから連れ合いとの攻防が始まることでしょう・・・。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

みんなやっている

連れ合いのマナーやモラルについては、感心できないとこれまでにも書いてきました。今回は、それを批判されたときの言動。

先日、久しぶりにコンサートに行ったときのこと、子供を連れていると、子供達が騒ぎ出さないか気になって、せっかくコンサートに行ったのに、没頭して楽しむのにはほど遠い状態。
そんな時に、ゴクリと水を飲む音が傍から・・・。見ると連れ合いがミネラルウオーターのボトルからごくごくやっているではありませんか。コンサートの最中、大きな声を出す訳にもいかず、睨みつけても平気な様子。
あとで厳しく責めると、

『そう言うけど、みんなやっているでしょ』
みんなっていったいどれくらいいるの?
あちこちで飲んでいるのを見たよ、あそこやあっちに、2、3人はいた。

2、3人がみんなになってしまうとは・・・。針小棒大とはまさにこのことだと、ぐったりしてしまいました。
みんなやっているということセリフ、ことあるごとに聞くのでした。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

みんなが同じ行動?

バブル崩壊?でも書いたのですが、現在べトナムの株式・不動産市場は低迷を続けています。土地取引はべトナム人の最も好むところで、猫も杓子もという状況だったのにこの冷え込みは???本当だったら高値で買えなかった人間が、値が下がったのを好機に飛びついても良さそうなものだけど。
日本人も皆と同じような行動をしていれば安心という傾向が強いけど、べトナム人もそうした傾向が強いんでしょうか?連れ合いも先日までは土地を買う買うと言っていたのに、ここ最近はおとなしくて不気味です。
最近、『金持ち父さん 貧乏父さん』を書いたロバート・キヨサキのコラムを読んでいるのですが、その中の‘The Greater Fool Theory(より愚かな愚か者の理論)’が、一時期のべトナムの不動産熱をまさに表しているような気がしました。人のことは笑えないのですけどね・・・

http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/060728_person4.html


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

iPhone 3G

6/9のWWDCでiPhone 3Gが発表されてから、ソフトバンクがいつから予約を受け付けるか、いまかいまかとネットを注視しているのだけれど、なかなか発表されない。多分、料金プランをどうするかとか細部がきちんと決められていないのと、受注数量が読めないのでどれだけ仕入れればいいか、あるいはAppleとどれだけ仕入れられるかの交渉が難航して、発表できないのかなと勝手に想像しています。
今はAUを使っているのですが、乗り換えるのに全然迷いがないのです。連れ合いと一緒だから二台分。
ネットを見ると、日本で売れるかどうか、意見がまっぷたつに割れていて、面白いですね。

売れる派は、
・ソフトの先進性
・デザインの斬新さ
・iPod機能がついていること
などで、現在の携帯とは異なる位置づけだとか、携帯の未来だとか言って売れると言い張るし。

売れない派は、
・お財布携帯機能がないこと
・ワンセグ機能がないこと
・着うた機能がないこと
・デザインが日本の中高生好みのかわいさがないこと
・10キーボタン入力じゃないこと
・携帯サイトが見られないこと
など、現在日本で使われている携帯の機能がないことが弱点として、売れないだろうと言い張ります。
http://www.j-cast.com/2008/06/19022000.html


売れるかどうかの調査でも調べ方が恣意的なのか、結果が分かれている。
アイシェアの調査では購入予定のない人が91%
http://www.nikkeibp.co.jp/news/manu08q2/575324/

ロイターのネット投票(投票期間が終わってみれなくなってしまった)では、
キャリアを乗り換えても買う人:29%
現ソフトバンクユーザーで買う人:15%
買うつもりのない人:56%
と全然傾向が違うし。

人のことはどうでも良いのですが、これだけ話題になる携帯というのもなかなかないので、そこそこは売れるのではないかなと予想しています。根拠が全くないけど、年間で100万台くらい?

国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

べトナム人の性意識3

連れ合いとべトナムの社会・風俗について話していたときのこと。べトナムの若者の性行動の話しになりました。以前から、若者の間ではセックスが気軽なものになっているとは聞いていたのですが、学校のトイレで使用済みのコンドームが散乱しているという話を聞くに至って絶句してしまいました。
以前は、恋人に振られて睡眠薬を飲んで自殺を図ったとか、忙しい恋人となかなか会えないのを苦にして同様に恋人の部屋で睡眠薬自殺を試みるとか、非常に情緒的な話しが多かったのですが、いきなり低年齢層でのセックスというのはギャップがありすぎます。この10年の変動の大きさを物語っているようです。
市場経済が進んで、親が忙しくなり、子供に以前ほど親の監視が行き渡らなくなったというのが、まずは一番要因としては大きいようですが、環境としても、そうした情報が手に入りやすくなったというのが大きいようです。ビデオも簡単に手に入るし、ネットでもすぐに行き着く。手に入った情報は、友達同士ですぐに共有され、結果として、みんなが過剰な性情報に曝されるということになっているようです。おかげで、これまでであれば良い子でいられたような子まで、悪影響を受けてしまうような惨状。聞いた話で、最も悲惨なケースは、学校の成績も優秀で素直な子が、学校の先生の言いつけで、成績の悪い子の勉強の手伝いに行ったところ、その子からポルノを見せられて、そのうち売春宿へも連れて行かれ、初体験でHIVにかかってしまったというもの。
また、社会ニュースが盛んに出されるように伴って明らかになってきたのが、子供に対する性虐待。近所のおじいさんにお菓子屋お金をもらって手なずけられた後に性虐待の犠牲になるようなケースが多数明るみに出ているようです。
経済発展の陰で、いったいモラルはどうなってしまったのだと思わせられる話しでした。

国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

べトナム流

義父が亡くなって、連れ合いが緊急で帰国した時のこと。
休みの朝、7時半くらいに電話を受けた連れ合いが、義父が亡くなったことを告げた後のドタバタは凄まじいものでした。葬儀は翌日、その日の飛行機に乗らないと間に合わない。義父が亡くなったのは、前日の午後だったようですが、義母は連れ合いが帰って来れないだろうと思って、連絡してこなかったのです。どうすれば帰ることができるか、まずは飛行機の便を調べ、11時の飛行機に乗れば問題なく出席できるというのは分かっているのだけど、3時間後の便、それも休みの日、とにかく空港に行ってあたってみるしかないかと思った時、連れ合いが最近知り合ったべトナム人のことを思い出した。どうにかなるかもしれない。連れ合いが電話をかけると一人だったら大丈夫とのこと。べトナム人の『大丈夫』は、時々あてにならないこともあるのだけど、このときはとにかくすがるしかありませんでした。
それから、とにかく空港へ車を飛ばし、出発時刻の一時間を割り込んでから、カウンターに駆け込むと、カウンターではそんな話し聞いていないと言われ、また一悶着。最初に連絡した知り合いに、また電話をかけ、そこから別の地上職員に連絡が行き、乗っていいよとなったのは40分前くらいでしょう。その時には、お金も払っておらず、帰りの分も含め航空券も届いておらず、ただ、目の前の座席が発券されて乗って行ったのでした。連れ合いは、これがべトナム流だよと笑って行きましたが、休みで満席が予想される中、果たして帰ってくることができるのか、とても心細い気がしたのでした。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

バブル崩壊?

サブプライムローン問題の影響を受けて、低迷が続くべトナムの不動産と株式ですが、我が家でも影響を被っております。
連れ合いが昨年株を買っていたのですが、現在2/3に減ってしまったと嘆いていたり。
町中金融を手がけている親戚は、銀行の利率の方が良くなったということで顧客が銀行に移って行ったため、手元資金を積み上げなければならなくなったのに、土地価格下落の影響を受けて土地が売れなくなり、運転資金がショートしそうになって、親戚中が支援する中、はっぱ家でも資金協力するはめになったり。
土地取引の方はかなり深刻な状況のようで、高値でつかんで売りたい人間はたくさんいるのだけど、今の市況低迷でまだまだ下がるのではと、買う方は様子見を続けるという状況のようで、市場が急速に縮小してしまっているよう。長期的に見れば、人口も増え、経済成長率も高いべトナムですので、回復はして行くだろうとは思いますが、直近の混乱はみんなが安心できるまで、なかなか落ち着きそうにありません。

国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

義父が亡くなりました

もうちょっと前になるのですが、義父が亡くなりました。
遠く離れていると何か実感が薄く、もう、べトナムに帰っても義父はいないのだというのが、頭の中では分かっていても気持ちとしては何か納得できなくて。
義父に会った数は、本当に数えられるくらいなのですが、もういないという事実を受け入れられるのはいつになるのか。
こういう時に国際結婚というのは、やはり大変で、連れ合いは休みの朝に電話で知らせを受けて、どうにかその日の飛行機を無理矢理確保して帰国しましたが、私は結局子供達とお留守番するしかなく、それもあって、実感が得られないのかもしれません。休みで飛行機が満席なのは見えている日にも関わらず、どうにか連れ合いだけでも帰れたのは奇跡的ではあるのですが。葬儀には無事に間に合うことができましたし。
本を読んでいると、南部では亡くなってから葬儀を行うまでの時間をできるだけ長く取るのが子供の孝行度の現れになるとあるのですが、連れ合いに聞くと北部ではそんなことはなく、遺体が痛むのを避けるため、なるべく葬儀は早く執り行うのだそうです。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

未来少年コナン

2008年7月、人類は絶滅の危機に瀕していた・・・

図書館で借りてきた『未来少年コナン』を本当に久しぶりに見て、驚いたのがイントロのこのナレーション。もう来月やん。
小さな子供だった頃、2008年は遠い先に思っていたのに、舞台とする未来がもう来月なんて・・・。
未来少年コナンに描かれていた乗り物や兵器などはさすがに実現していないけど、一方、SFの世界としか思っていなかったTV電話とか、携帯とかは実現している。
宮崎駿はどう思っているんだろうなって、考えてしまいました。
しかし、時代が経っても面白いものは面白い。子供達も、連れ合いもキャッキャと笑っています。べトナム人にもあのギャグは通じるんだなあ。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

パナソニックのストライキ

一昨日、連れ合いがネットを見ていたらパナソニックってひどいねと言い出し、見せてくれたのがこの記事。Panasonic Communication Vietnam (PCV) とあるので、携帯電話を作っている会社でしょうか?ここ2年間昇給がなく、逆にノルマを果たせないと減給する仕組みがあるらしく、待遇を不満に感じて3000人の従業員のうち、1000人がストに参加する事態になっているようです。

http://dantri.com.vn/kinhdoanh/Dinh-cong-mot-nu-cong-nhan-bi-danh-nhap-vien/2008/5/234940.vip

従業員の平均給与は1,050,000ドンとのことで、今のレートでは7000円くらいでしょうか?今年のインフレ率が18%にも及ぶベトナムでは、ちょっと少ないような気がします。
以前ストライキが起きた日系光学機器メーカーでは、要求を勝ち取ったものの、大部分の従業員がやめてしまったという話もあり、プライドの高いベトナム人は、ストにまで及んだ時にはかなりの覚悟を決めていることがあり、事態が収拾したとしても、事後の処理にはかなりの難しさを伴う場合があるようです。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年6月 2日 (月)

三ヶ月さぼってしまいました

あっという間に何の記事も書かないまま三ヶ月が経ち、その間にいろんなことがありました。
家庭も仕事もてんやわんや。でも、なんとか生きています。
また、ちょっとずつ書いていきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年7月 »