« 100年に一度の経済危機(3) | トップページ | 親族来日(3) »

2009年2月28日 (土)

APU

週末くつろいでいると連れ合いがいきなり言いいました。

はっぱA:いとこの子供がAPUに留学したいと言っているって、いとこから相談されたんだよね。
はっぱB:APUって、例の立命館Asia Pacific University?
はっぱA:そう。英語で授業が受けられるってベトナムではすごく人気があるんだ。で、日本で生活するのどれくらいかかるんだって?
はっぱB:・・・(日本の生活費って、払えるんだろうか?)
はっぱA:奨学金もあるから、学費は80〜60%で済みそうなんだけど。
はっぱB:・・・(相変わらずそういうところはよく調べているんだよねえ〜)
はっぱA:APUには200人くらいベトナム人学生がいるんだって。それも優秀で、ほとんどの学部のトップ5はベトナム人が占めているんだよ。
はっぱB:・・・(いつもの根拠のない自慢かなあ???)
はっぱA:どうしよう?
はっぱB:どうしようと言ったって・・・

相変わらず、ベトナムの親族に振り回されているはっぱ家でありました。
調べてみると本当にベトナムの学生にAPUは人気があるようでした。理由は、やっぱり英語で日本で教育が受けられるから。
APUに留学した学生が、学生支援気候の制度を利用した体験談を載せたページがありました。

http://www.jasso.go.jp/eju/riyou_taikendan07.html

APUでは逆にベトナム語の講座も開いているようでした。ベトナム語だけでなくAsia Pacific6地域の言語についても。

http://www.apu.ac.jp/academic/modules/academicprograms/index.php?id=12

2007年には、APUでベトナムフェスティバルも行われたようです。
http://www.youtube.com/watch?v=k_XS9hY-IPk


本当にたくさんいるなあ。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


|

« 100年に一度の経済危機(3) | トップページ | 親族来日(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101914/28400491

この記事へのトラックバック一覧です: APU:

« 100年に一度の経済危機(3) | トップページ | 親族来日(3) »