« 子供の日 | トップページ | ユーモアの感覚 »

2009年6月 2日 (火)

100年に一度の経済危機(5)

100年に一度という割に動きが速すぎて、景気が悪くなっているのか回復してきているのか、本当に分かりませんね。
こちらの受注の戻りは3月頃から始まり、現在も拡大基調。6月くらいで反発もいったん終わると見ていたのですが、今のところ夏くらいまではこのまま行きそうです。中国関係は、携帯の3G化と家電家郷政策で、今のところ過熱気味。ちょっと最終製品が生産過剰気味なので、あるところで在庫調整に入るのではないかと思いますが、よく分からない市場ですので。
一方、住んでいるのは地方都市のため、消費はずいぶんと遅れて今が底か底になる前くらいのようです。例の自動車減税で車が安く買えるかもと思いディーラーに行ったのですが、今年は3〜4月の新車需要期が全然売れなくて、元々売れない6月近辺は悲惨になりそうとのこと。新入学生や新入社員が新車ではなく、中古市場へとシフトしているようですね。
元々地方経済は厳しいのですが、ますます収縮しそうです。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング

|

« 子供の日 | トップページ | ユーモアの感覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101914/29905817

この記事へのトラックバック一覧です: 100年に一度の経済危機(5):

« 子供の日 | トップページ | ユーモアの感覚 »