« ユーモアの感覚 | トップページ | 久しぶりの韓国 »

2009年6月15日 (月)

淋しいでしょ?

ふと、結婚する前の昔のことを思い出していました。
一人でふらふらと街に出かけたり、旅行をしたりして、楽しく過ごしていたけれど、年に一回くらいとても淋しい気持ちになっていた頃。なぜ、そんなに淋しくなるのか分からず、ただ気持ちが何となく落ち込んでいただけかなと思っていました。

ベトナムを旅行していると、こちらは楽しくふらふらとしているつもりなのに、食事に立ち寄ったレストランで、たまたま一緒になった汽車やバスの中で、よく言われたのがこの言葉です。ベトナム人に採っては一人旅というのは考えられない状況のようで、言われる度にかえって鬱陶しく感じたものです。
今でも、どこかに行く段になると連れ合いが友達を誘って、こちらは家族だけでしんみりと思っているのに、人数が増えて賑やかになってしまうことが多々あり、このあたりの感覚のギャップはいつまでたっても埋まらないですね。

今は家族に囲まれて、淋しくなることがうらやましいくらい、一人でいる時間が作れません。何となくの焦燥感はありますが、もう淋しくなることは、このままの生活だとなさそうです。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング

|

« ユーモアの感覚 | トップページ | 久しぶりの韓国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101914/30127436

この記事へのトラックバック一覧です: 淋しいでしょ?:

« ユーモアの感覚 | トップページ | 久しぶりの韓国 »