« また長電話 | トップページ | ユーモアの感覚2 »

2009年7月31日 (金)

ベトナム人の名前

ベトナム人の名前が、姓+名前の構造で、多くの人が名前にミドルネームをもっていることはよく知られていますが、ミドルネームの付け方が最近は少し変わっているようです。
元々は、男系親族集団ゾン・ホを識別するためにつけられており、今でも田舎の方では、そうつけられることが多いようです。たとえば、先祖のある時点で、何らかの事情で兄弟が別の親族集団を形成するようになった時、その兄弟がVanさんとDInhさんだったら、Pham Van NamさんとPham Dinh Namさんは、別の父系集団に所属しているということが分かったのです。
今は、これを古くさいと感じ、母親側の姓をミドルネームとしてつける例がかなり増えているようです。名前自体が2語で意味あるように付けられる場合も多いので、フルネームだと4語になったりします。
また、女性の場合、氏族を示すThiが昔はよく使われていたのですが、これも今は古くさいとして、若い人では使われなくなっているようですね。

昔のよくあるパターン:Nguyen Thi Hong Thu (Nguyen氏の紅秋さん)
新しいパターン:Pham Le Hai Yen (PhamさんとLeさんのところの海燕さん)


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング


|

« また長電話 | トップページ | ユーモアの感覚2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101914/30767919

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム人の名前:

« また長電話 | トップページ | ユーモアの感覚2 »