2007年10月 6日 (土)

橋の崩落と台風

最近、とんとベトナム国内のニュースを読まなくなっているのですが、時々連れ合いがこんなニュース知っている?と教えてくれます。先週から今週にかけて言われたのは、メコンの橋の崩落と中部での台風被害。
50人以上が亡くなったハウザンに建設中の橋は、日本のODAで大成ー鹿島ー日本鋼管のJVで作られていたとのことで、原因については依然究明中。コンクリートを流し込んだ翌日に、激しい雨の影響をうけて弱くなった見込みが強いようでした。この橋は来年末に完成予定で、カントーへのアクセスが格段に良くなるはずだったのですが、残念な事故です。これだけ多くの犠牲者が出るとは、亡くなった方のご冥福を祈るしかありません。
台風の方は、中部における秋の年中行事のようですが、毎年、結構な被害が起きています。今回はちょっと北寄りでゲアンのあたりのようですが、それでなくとも貧しい地域なので、大変と思います。

しかし、連れ合いはベトナムのニュースはよく知っているけど、日本のニュースは意外と知らなかったりするので、何かあったらどうするんだろうと思わないでもありません。昔に比べて、インターネットの発達は距離も時間も縮めて、非常に便利なのですが、それ故の問題も出ていたりするのかなと思わざるを得なかったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)