2013年6月 5日 (水)

ベトナムに世界最大のスマホ工場

少し前になりますが、韓国のサムスン電子が世界最大のスマホ工場をベトナム北部バクニン省で操業中との記事が出ていました。世界で販売されている20%に当たる量を今年は製造予定とのことで、この工場に部品を供給するメーカーの集積も始まり、一大工業クラスターを形成しつつあるようです。

そうした利便性からライバルであるノキアまで近辺に工場を立てる計画とのことで、ベトナム政府が望んでいた付加価値の高い産業の育成が徐々に進みつつあるようですね。
全く以前のベトナムのイメージしかない身には時代が変わったとしか言いようのない事態ですが、ノイバイ空港からハノイ市内に向う道路脇でも巨大な工業団地が以前から形成されていましたし、どんどん変わって行くのは時代の趨勢でしょう。
今日はちょっと毛色の変わったアップになってしまいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

故郷

連れ合いの親戚が来た時のこと、日本とベトナムの違いについてやはり話題になりました。
故郷とQuê Hương
の意識の違いなのですが、日本人は自分を基準にして考えるのに対し、ベトナム人は祖父あたりが基準になって考えるという、呼び方の時にも出て来た差です。
親戚の子はハノイ生まれなのですが、故郷はどこかというと南部のメコンデルタの方だというのです。なんでも、おじいさんが昔ハノイに移って来たらしく、父親もハノイ生まれであるにも関わらず、故郷というとそのメコンデルタの町ということらしく、おじいさんもとうに亡くなっているのですが、時々ははるばるその町へ帰省するのだとか。
何代まで、そういう意識が続くのかが非常に興味のあるところでした。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング-国際恋愛・結婚


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

ベトナム人の性意識4

またも連れ合いと話しをしていてのこと。
若年層の性の乱れというのが、どうしても連れ合いには憤慨もののようで、ネットで見た情報、友人から送られて来た話題でそういうものがあると、つい嘆いてしまうようです。
今回は、ポルノ映像について。ネットを含め、いろいろなところからポルノ映像が簡単に入手できるようになって、その影響が大きくなっているとのこと。反対一色かと思うと、意外にそうでもなく、性情報に欠けた世代にとっては夫婦の性生活を豊かにするということで賛成派もいるとか。
一方、伝統的な道徳派にとってはとんでもないことであるのはいうまでもなく、青少年への悪影響ということで大反対。そうした実例として、若年層でのお手軽な同性愛や近親相姦がネットを賑わしているそうです。同じ部屋で生活している兄弟が同性愛に走ったり、親が置き忘れていたポルノに刺激された子供が兄妹で試してみたりと、本当に大混乱状態となっているような話しを連れ合いからされて、ありそうではあるけれど、本当にそこまでひどいのか???と一人頭を悩ませています。ニュース、特にネットだと極端な例がいかにも普通に起きているかのように流れてきますから。
いずれにしろ、程度の差はあれ、混乱状態であるのは間違いなさそうです。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ベトナム人の観光

以前はベトナム人の観光客というのは、かなり少なかったのですが、経済発展とともに余裕が出て来たようで、フエやホイアンに行った時にも結構目に付きました。

Viet_tour1


フエの王宮では、ベトナム人観光客が場内ガイドに従って歩いているのにくっついて行動したのですが、観光資源としての整備も進んで、以前に行った時は午門と大きな鼎が置いているのくらいしか印象になかったのですが、今回は祖廟などいろいろな場所が新たに整備公開されていました。連れ合いは、ガイドの話を聞いていろいろなエピソードが面白かったらしく、どこまでも付いていきそうでしたが、さすがに途中であきらめてもらいました。


Viet_tour2


今回は、フエまで汽車、そこからホイアンまでは車を借りて行き、ホイアンからダナンまではタクシー、そしてハノイまで飛行機と結構お金がかかる旅でした。旅行が終わってしばらくしてから、連れ合いからは義兄と出発直前にお金がかかりすぎることに対して、もめたという話を聞かされました。ベトナム人の旅行だと、だいたい車をチャーターして延々と行くようで、汽車も飛行機もお金がかかり過ぎのようです。知り合いは、2週間かけてハノイからサイゴンまであちこち物見遊山しながら行ったそうですが、今回の旅行よりも全然安いようですね。
しかし、こちらは時間に限りがあるので、お金で時間を買わざるを得ないのですが、そのあたりの感覚は、やっぱり違うようでした。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

ハノイの夜店

ハノイの旧市街で最近夜店が始まったとのことで、行ってきました。

Night_market5

場所は、ハン・ダオ通りからハン・ガン通りという、旧市街でも賑やかなところで、バイク・自動車の通行を規制して、歩行者天国としていました。
やっているのは、金曜、土曜,日曜だけとのことで、週末に居合わせないとお出かけできないのですが、夜のそぞろ歩きにはもってこいの場所です。


Night_market3

商品としては、いろいろなものがありますが、衣類やアクセサリーなどのお店が多かったように思います。

国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング-国際恋愛・結婚


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

シクロ

ハノイとホイアンで久しぶりにシクロに乗りました。
ハノイのシクロは完全に観光客向けなのですが、友人と会って、なんか久しぶりにシクロに乗ってみたいねとなり、観光客していました。

Photo

ベトナムの街にシクロはよく似合っているんですけどね。シクロは結構大きくて、交通の邪魔になるので、タクシーが一般的になるにつれ、街の中心からは追い出され、どこでも少なくなっています。かなりの重労働だし。
ホイアンの街では、街の中心部が車などの乗り入れが禁止されているため、今でもシクロは重宝します。シクロに乗って、そよ風に吹かれながら、低い位置から街をみるのはとても楽しいのですが、値段交渉だけはいつも面倒です。外国人は吹っかけられるし、連れ合いに任せていると延々と価格交渉で時間がかかってしまうし。適当なところで、それで良いからと交渉を終わらせて、乗っていました。


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング-国際恋愛・結婚


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

接客マナー

ベトナムを旅行すると時々ひどい接客マナーに出会うのですが、今回も出会ってしまいました。
フエからダナンに向かう途中にランコー村という非常にきれいなビーチがあるのですが、そこで昼食をとった時のこと。例によって、ドライバーが知っているところへ連れて行かれたのですが、そこの会計係の女性が無愛想かつ礼儀がなくて、せっかくの食事がかなりまずくなりました。会計の時に、これ頼んだ、頼んでないと喧嘩になるのは、ごく普通だとしても。まず、おすすめ料理を頼まなかったところから、始まったにせよ、注文の追加がなかなか通らないし。
お客は金をむしり取る対象でしかないんだろうな。

国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング-国際恋愛・結婚


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月14日 (木)

どうして知らないと言えないのだろう?

今、ベトナムに来ています。変わったところと、相変わらずのところと、入り交じってますね。
あちこちでWiFiが使えるようになって喜んでいると、やっぱり足下を掬われてしまいました。あるカフェでフリーWiFiの表示を見て、喜んで試すと繋がらない。
店員に聞くとウィルスのせいだとか言い出すし、素直に分からないと言えば良いものを。プライドなのでしょうか?単にいい加減なのか?
実際は場所が悪いだけでした。


はっぱ@フエ

国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング-国際恋愛・結婚

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月22日 (日)

みんなが同じ行動?

バブル崩壊?でも書いたのですが、現在べトナムの株式・不動産市場は低迷を続けています。土地取引はべトナム人の最も好むところで、猫も杓子もという状況だったのにこの冷え込みは???本当だったら高値で買えなかった人間が、値が下がったのを好機に飛びついても良さそうなものだけど。
日本人も皆と同じような行動をしていれば安心という傾向が強いけど、べトナム人もそうした傾向が強いんでしょうか?連れ合いも先日までは土地を買う買うと言っていたのに、ここ最近はおとなしくて不気味です。
最近、『金持ち父さん 貧乏父さん』を書いたロバート・キヨサキのコラムを読んでいるのですが、その中の‘The Greater Fool Theory(より愚かな愚か者の理論)’が、一時期のべトナムの不動産熱をまさに表しているような気がしました。人のことは笑えないのですけどね・・・

http://money.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/060728_person4.html


国際恋愛・国際結婚
人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

ターメリック2

ベトナム人留学生のところで子供が生まれたというので、先日お祝いに行ってきました。行くと奥さんの顔がまっ黄色で、産後の肥立ちが悪く黄疸でも出ているのかと心配してしまいましたが、これが、なんとターメリックを顔に塗り立てているためだったのです。なんでも、肌のつやをよくするのだとか。確かによく見ると、手の一部はまだらになっていて、上から塗ったのは明らかです。
ターメリックが、胃腸の改善薬として日常的に使われていることは前にも書きましたが、お肌にもよいというのは、知りませんでした。
生まれてから二週間の赤ちゃんはとても小さく、自分の子供にそんな時期があったのももう思い出せないくらい昔に感じてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)