2021年2月12日 (金)

Chúc mừng năm mới! 2021

油断しているとあっという間に時間が経ってしまって、前回旧正月の記事を書いたと思ったら、また来たみたいな感じです。

揚げ春巻きくらい作ろうと思っていたのに、日曜に体調を崩して水曜まで入院していました。

ここずっとベトナムにも行けていないし、めでたさも中位でしょうか?

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

お正月も過ぎ・・・

油断しているとあっという間に日が過ぎます。

お正月は家でごろごろして、特に何もしないままあっという間に過ぎ去りました。

でも、何もしないでごろごろできる幸せを噛みしめました。

連れ合いは何かしていないと間がもたないタイプのようで、温泉でも行こうかとか

色々と言っていましたが、ゆっくりしたいということで却下。

でも、しょっちゅうあちこちに電話して、家にいても落ち着いた感じがしませんね。

電話はもちろん、ベトナムの家族・親戚も含めてですが、いつでもどこでも掛けら

れるというのが連れ合いが来た頃と比較して大きな違いです。

もう2週間すると旧正月。そちらに向けてバタバタしそうですね。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

日本人の名前は覚え難い

連れ合いと話をしていると誰の話かわからない時がよくあります。
何回も聞き直して、**さんじゃない?と聞くとやはりそうだったりして、どうも日本人の名前は覚え難いし、発音し難いようで、未だに慣れないみたいです。困ったものだ。

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

なぜスピーカーフォン?

うちの連れ合いは電話をかける時に出力を必ずスピーカーにして話しています。

電話渡されてこちらが話す時もあるのですが、ちょっと聞き取りにくくて困っています。

うちの連れ合いだけかと思っていたのですが、Twitterで同じようなことを言われている方があるので、ひょっとしたら習慣なのか?

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

あっという間に2年半が・・・

もう流石に見ている人もいないと思いますが、ご無沙汰です。

また、あっという間に2年半が過ぎてしまいました。

この間、入院したり、いろいろなことがありましたが、少し落ち着いてきたので、またぼちぼち始めようと思います。

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

里帰りのはずが・・・

家族で里帰りのはずだったのですが、連れ合いが行けなくなり、キャンセルかと思いきやチケットが勿体無いので行ってこいですと。

私のベトナム語能力では、ちょっとしんどい。
はてさてどうなるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

また土地を買う?!

連れ合いが、また土地を買うと言い出しました。ハノイ郊外の保養地らしく、このあと値上がりは確実だとかで前のめりです。
いつもながら、本当に資産としては土地が好きですね。しかし、ベトナムでの資産ばかりで大丈夫なのでしょうか?それこそ、ベトナム政府の政策は信用できないと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

あっという間に4年が・・・

はっと気がつくと、前回の書き込みからもう4年近く。放置プレイも極まれりですね。
書くことがないわけではないのに、書く時間がない・・・というのは言い訳。結局何を優先しているかなんですよね。時間が無限にあるわけではないけれど、有限の時間をどう使うか。
この4年の間に、ベトナムにも何回か行き、ベトナムからも来日があり、思い出せたら、また書きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

ものの扱いが乱暴・・・

私にとっては連れ合いがベトナム人の代表なので、どうしても連れ合いの行動でベトナム人というものを判断してしまうのは仕方ないとして、それは特殊だということがあれば、ご指摘いただきたく。

で、今回の不満は、ものを大切にしないことに含まれるのですが、どうもものの扱いが乱暴なこと。スイッチの類いは殴るように押すし、ものを受け取ったら投げるようにテーブルに置くし、壊れないのが不思議なくらい。

実際にいろいろ壊れるのだけれど、本人には反省の色はなし。壊れるものが粗悪なんだという自分中心の考えなんでしょうね・・・。
ものがどんどん売れていいかもしれないけれど、どうにも気になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

土地を買った(2)

土地を買ったと言われ、ベトナムにも借金を背負った身となって早3年。連れ合いがおじさんにした借金は、昨年末に日本からだいぶもちこみ、残りをお義母さんや兄弟に借り換えることで、払込済となりました。親兄弟にする借金は、借金という感覚ではないようで、随分と気が楽になったようです。おかげさまで、こちらもベトナムでの借金証書というものの現物を見ることができ面白かったのですが、金を受け取ったというところにわざわざ私の名前まで、それも綴りを間違えて・・・。いったい、この証書は法的に意味があるのだろうかと思わせるのが、またベトナムらしいところです。

しかし、今はベトナムの経済が落ち込み、土地もかなり価格が下がっているようで、日本円で考えた時にはかなり含み損を抱えているような・・・。未だに日本円に換算して損得を勘定する習慣のない連れ合いは全く気にしていないようですが。

一方、この経済状況は強者には好都合のようで、お金を貸してくれている兄弟が値上がりを見込んで、またかなりの土地を入手するつもりとか。連れ合いは協力を求められているから、よろしくねと言うけれど・・・。いったい、借金をしている相手に金を貸すというのはどういうこと???全くもって、よく分からない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧